九州大学大学院 システム情報科学研究院 情報理学部門
日本語 English
Department of Information ISEE, Kyushu University
トップ > 研究概要 > 教員
----
教員

発見科学講座

この講座は,諸科学における科学的発見のプロセスを情報科学的にサポートするための基本的な手法である機械発見の基礎を究明することが目的です.具体的には,機械発見の基礎理論である計算論的学習理論を中心にして,知識表現と知識獲得,空間探索,知識科学,情報量解析,モデリング,数値解析と数値合成,ウェーブレットによる画像解析,ニューラルネットワークによる画像認識等について研究し,科学における発見を計算機によって支援するための理論を展開します.

情報量解析,知識科学,探索理論,計算論的学習理論,帰納推論と類推理論,機械発見,数式処理,数値合成論,画像処理等

スタッフ

教 授
鈴木 英之進
機械学習・知識工学的手法を主な基盤とし,データマイニングの発見過程,データ前処理,パターン抽出,情報可視化・評価を含む諸課題に理論と応用の両面から取り組む.
教 授
瀧本 英二

准教授
岡田 義広
3次元グラフィックス応用ソフトウェアに関する研究ならびに3次元マルチメディアコンテンツの生成・編集・検索基盤技術の研究
准教授
池田 大輔
Web/テキストマイニングと文字列処理の研究,及び,自動認識技術(RFID等)を用いた電子図書館の研究,価値や権利を安全安心に運ぶ社会基盤に関する研究等を行う

助 教
高野 茂

リフティングウェーブレットを用いた顔画像による個人認証およびロボットビジョンによる物体認識に関する研究

基礎情報学講座

この講座では,各時代における情報科学の最重点課題について,実験・調査に基づいた基礎理論を展開しその本質を究明することが目的です.具体的には,自然言語やメディア情報等の大規模データおよび並列計算機等を対象にした基礎実験・調査に基づいた,情報論理学,情報表現論,計算量理論に重点を置き,情報科学の視点からの述語論理,非古典論理,計算可能推論,圏論,型理論,プログラム理論,各種のプログラミング・パラダイム,計算理論,計算量理論,並列計算,データ構造,確率的算法,情報防御理論等について研究し,様々な情報現象を科学的に究明していきます.

計算論理学,構成的論理,型理論,データ構造,抽象プログラム理論,計算量理論,並列アルゴリズムの理論と実装,確率的算法,情報防御理論,コンプレックスシステム,データ科学,情報検索とデータベース,自然言語理解システム等

スタッフ

教 授
河原 康雄
2項関係の理論体系であるDedekind圏におけるデータベース,プログラムの意味論・検証,形式概念に関する理論・応用および数学のSchröder化を研究.また,セルオートマトンや有限遷移系の挙動解析にも興味がある.
教 授
村上 和彰
世界最高性能を誇る次世代スーパコンピュータから社会基盤を支えるシステムLSIまで幅広い応用分野を視野に入れ,「将来のコンピュータシステム・アーキテクチャのあるべき姿」を追求する.
教 授
竹田 正幸
非定型・不均質な大量データから有益な情報や知識を獲得する問題に,理論と応用の両面から取り組む.文字列パターン照合・パターン発見アルゴリズムを核に据え,新世代型データベース基盤技術を確立する.

准教授
正代 隆義
アルゴリズム論的グラフ理論の研究,及び,計算論的学習理論に基づくグラフパターンクラスの設計とその機械学習理論の構築を行う.
准教授
井上 弘士
世界最高性能を誇る次世代スーパコンピュータから社会基盤を支えるシステムLSIまで幅広い応用分野を視野に入れ,「将来のコンピュータシステム・アーキテクチャのあるべき姿」を追求する.
准教授
坂内 英夫
文字列処理,パターン発見,知識発見に関するアルゴリズムの研究及び,生物配列解析などバイオインフォマティクスに関する研究

助 教
馬場 謙介
ハードウェア化に適した文字列処理アルゴリズムの開発,および,情報基盤システムを安全・安心に運用するためのサステナブルな技術の開発
助 教
畑埜 晃平
計算論的学習理論に基づく機械学習手法の研究.特に,複数の予測の統合することにより予測精度を向上させる手法(ブースティング,オンライン予測)に興味をもつ.

広域情報学講座(情報基盤研究開発センター協力講座)

この講座では,広域ネットワーク上の大量分散データに対する効率的処理法の支援を行い,そのための基礎理論を究明することが目的です.具体的には,広域ネットワークコンピューティング,分散データベース,広域分散情報検索,コンピュータネットワーク,マルチメディア情報処理,高信頼性サーバ等について研究し,諸科学における研究の広域情報化を支援するための理論の構築と手法の開発を行っていきます.

広域分散並列処理,第一原理計算,分子シミュレーション,ウェブサービス,インターネット,広域情報検索,半構造化データ,自律エージェント,広域分散システム,ユビキタスシステム,GRIDコンピューティング等

スタッフ

教 授
青柳 睦
ナノサイエンス分野を中心とした複雑系やマルチスケール・マルチフィジックス問題を対象に,大規模な並列連成計算シミュレーションコードの研究開発を行っている.また,計算グリッド等の広域分散処理環境を含め,広義の分散並列環境で利用可能な連成通信ミドルウェア,計算性能評価ツール等の研究開発とこれらのナノサイエンスへの応用を進めている.
教 授
廣川 佐千男
Web上の実データを対象として収集,分析,情報抽出を行ない新たな知識を獲得するための検索エンジンの研究開発を行なっている.

准教授
伊東 栄典
現実的に有用な情報サービスを実現するための研究開発を行なう.具体的には,分散環境下における電子認証基盤の構築,Web情報の統合手法の構築,および大量の項目リストからの類似項目発見に ついて研究している.