Posts in 'News' – Page 2

Daisuke Ikeda

Preparation for Trial Class to Karatsu-Higashi

唐津東高校向け模擬授業の準備

7/4日の唐津東高校向け模擬授業の準備のため、情報関係の授業やイベントで使う器具等をTAの学生さんたちに使ってもらって、どれをどう使うかを考えてもらいました。

デジタルとアナログ、標本化定理(サンプリング定理)、フーリエ変換などに関連したものですが、パラパラマンガのように基本的には楽しめるものばかりです。

器具を使っている様子 器具を使っている様子

Daisuke Ikeda

Proposal accecpted!

C&C受理(プロジェクト名を追記しました(5/26))

本研究室の修士1年の新山さん、B4の山室さんが、ロバート・ファン/アントレプレナーシップセンターQRECチャレンジ&クリエーションに応募して、プロジェクトの資金を獲得しました。

それぞれ、プロジェクトの名前は以下の通りです。

  • 新山くん:地図型アプリケーションを利用した伝統食文化の継承に関するデータベース作成
  • 山室さん:九州大学における自己完結型シラバス検索システムの開発
Daisuke Ikeda

musical performance

演奏体験

リーディングプログラムの一つとして実施されている、 決断科学プログラム の学生さん(古橋さん)から、主専攻の研究を紹介してもらいました。

金管楽器を扱うのですが、私が、楽器に疎いため、研究室のメンバーで トランペットを吹ける篠原くんにも参加をお願いして、違いを見てみました。 さらに、完全な初心者である私と、サークル棟の場所を提供してくれた新山くん (何回か吹いたことがある)も吹いてみて、金管楽器の難しさを体感しました。

初めてのトランペット 篠原くんと新山くんのセッション(?)

Daisuke Ikeda

Kickoff seminar

キックオフセミナー(2/2)

H29年度キックオフセミナー(自己紹介)を行いました。新年度からのメンバーを含め、全員が15分程度で自己紹介を行いました。昨年度と同様に、お菓子や飲み物と一緒に、まったりとした雰囲気で進みました。

発表の様子

また、その後は、お寿司とビールで打ち上げです。 打ち上げの様子

Daisuke Ikeda

New Members

「卒業したメンバー」

「過去のメンバー」を更新し、昨年度の修論・卒論のタイトルを追加しました。

Daisuke Ikeda

New Members

「新メンバー」

「研究室メンバー」を更新し、2017年度(H29年度)のリストに更新しました。

Daisuke Ikeda

Kickoff seminar

キックオフセミナー(1/2)

H29年度キックオフセミナー「池田研での研究の進め方」を行いました。ビジョン、ミッションを学生さんたちに説明し、研究室内でどのように研究を進めていくのか話しました。みんなの自己紹介は4/17日(月)に行う予定です。

今年度の資料はこちらからどうぞ。これまで「データを自由に使えるような世界」をビジョンとして提示し、その上で「データ解析」と「データ基盤構築」を大きなミッションとしていましたが、最近、シミュレーションを使った(つまりデータを使わない)研究が増えてきたので、久しぶりに大きな改訂をしました。

また、細いところですが、「なぜ学生さんにテーマを考えさせるのか」の理由に「多様性」を入れました。後日また紹介しますが、今年度は新しい学部からの参加者があり、ますます多様性が豊かになってきました。

Daisuke Ikeda

Graduation

卒業式

3/24日に九州大学の学位授与式があり、その後、授与式に出席した学生さんと、たまたま研究室にいた学生さんとで写真を撮りました。 写真はこちら

例年、すでに引越しをしていて、授与式にでない学生もいるため、打ち上げ等はもっと前にやっていて、授与式の後にこのような写真を撮ったのは初めてな気がします...

Daisuke Ikeda

Presentationa

国際会議発表

本研究室の学士4年の下岡さんが、国際会議International Conference on Spirituality and Psychology 2017で口頭発表しました。論文の書誌情報はこちら

間接互恵性に関する発表で、自分の研究にいくまでにコンピュターシミュレーションの方法を説明する必要があるのですが、15分という短い時間ではこれを適切に伝えるのはなかなか難しいものです。今回、あんぱんがモチーフのキャラクターや敵役を使って、うまく、ALL-C(戦略の一つで全ての人に協力的)やALL-D(逆に全てに非協力的)といった戦略を説明できたと思います。

発表の様子はこちら

Daisuke Ikeda

Presentationa

国際会議発表

本研究室の修士2年の鏑木さんが、国際会議The 11th annual International Technology, Education and Development Conferenceで口頭発表しました。論文の書誌情報はこちら

学会が用意したパソコンを使ったため、全角の記号を使っていた数式(1つ)が文字化けしていましたが、うまく対応しました。また、質問にもうまく対応できました。

発表の様子はこちら