Posts tagged 'contribution'

Daisuke Ikeda

Weblio visited our lab.

Weblioの太田さんが訪問

7月にあった「九州大学教育改革シンポジウム2017」でつながりができたウェブリオ株式会社福岡支社の方が、当研究室を訪問し、会社紹介やローンチ準備しているものも含めたサービスの紹介をしてくれました。

共同研究等の具体的な話しには至っていませんが、もともと当研究室ではテキストやログを活用してきたので、何か一緒にできるかもしれません。

Daisuke Ikeda

Trial Lesson at Fukusyo High School

福岡市立福翔高等学校の生徒が模擬授業を体験

福岡市立福翔高等学校の2, 3年生約60名が、2回に分けて(60分2コマ)、模擬授業を受けました。進路に関連する授業の一環で、複数の大学・分野から自分の興味のある分野を選び、受講する形式です。

今回は、前半がフーリエ変換と情報圧縮の話しで、段ボールとCDで作った簡易プリズム、持ち運びが簡単なハンディオシロスコープ、iPadを持ちこんでの実習つきです。 後半は、研究紹介という形で、決断科学での経験から思いついたリーダーシップと情報伝播に関する最近の取り組みを紹介しました。

授業の様子はこちら 授業の様子はこちら

Daisuke Ikeda

Ms. Matsuyama visited our lab.

かたらんね松山さんと研究打ち合せ

昨年秋のサイエンスカフェで知り、一度、ビジネスプランコンテンストの相談で 当研究室を訪問 されたかたらんね代表取締役 松山さんと、 新山くん(M1)とで研究打ち合せを行いました。

まだ具体的なことは書けませんが、遺跡や歴史的なスポット、データベース、伝播等のキーワードがでてきました。

Daisuke Ikeda

MTG with FIP

富士通FIPとの打ち合せ

共同研究者からの紹介で、富士通エフ・アイ・ピーHCSクラウド推進室の方と、将来的な共同研究を念頭に置いて、研究打ち合せを行いました。

先方から、構築中のHuman Centric Scienceクラウドについて説明があり、その後、考えられる利用法等について幅広く意見交換を行いました。

Daisuke Ikeda

Ms. Suemitsu visited our lab.

末光さんが研究室を訪問

先日のサイエンスカフェで知りあった末光さんは、実は同じ大学院の出身で、20周年記念イベントにあわせて、こちらの研究室を訪れてくれました。一般向けの講演会等を多く実施されているようで、そんな話題で盛りあがりました。

Daisuke Ikeda

Ms. Matsuyama visited our lab.

かたらんね松山さんが研究室を訪問

先日のサイエンスカフェで知りあった かたらんね代表取締役 松山さんが、 準備中のビジネスプランコンテストに関する相談のために、当研究室を訪問されました。 どうやら、システム1や体感というキーワードがひっかかったようです。

当初は、漠然としたものが、2時間弱の打ち合せで、すっきりした見通しがたち、 ひとまず、「情報」として提示しやすい形ができたのではないかと思います。

自分にとっても、最近考えているデータリポジトリの参考になりました。

Daisuke Ikeda

Students of KishouKan took my class at Kyushu Univ.

輝翔館の生徒が模擬授業を体験

福岡県立輝翔館中等教育学校の3年生約100名が、九州大学伊都キャンパスを見学に訪れ、その一環として、情報に関する私の模擬授業を受講しました。

科学教室や出前講義などの経験はあるものの、通常、希望した人を対象に話すことが多いのですが、1学年全員というのは初めての経験でした。

時間は少なかったので、実験等は多くはできませんでしたが、もともとの話しが「情報とは何か」がテーマで、「体験や体感といったシステム1も重要ですよ」という内容なので、少しですが、プリズムやフーリエ変換の説明用アプリのためのiPad、オシロスコープを使いましたが、この実験道具たちは比較的好評だったようです。

Daisuke Ikeda

Science Caffe @ BIZCOLI

サイエンスカフェでの講演

10/14日の19時から、 BIZCOLI で行われた サイエンスパークふくおか のサイエンスカフェで講演してきました。

前半のプレゼンの様子 後半の質疑応答の様子

下の写真に、参加してくれた二人の小学4年生が写っています。 大人ばかりと思っていたので、ちょっとびっくりです。

ここでは、通信の例で通常の情報の講義のようにデジタルとアナログを紹介し、 小学生向けのフーリエ変換の話しで、周波数による情報の表現に移り、周波数と我々の知覚(色や音)の話しと移り、 さらに、最近のブログに書いたようなこと(システム1やシステム2)を話しました。 また、ビジネス系の人が多いと思ったので、リーダーとシステム1や、その教育についても話してみました。

最近のブログのURLは以下の通りです。 ・情報って何?(3):スポーツから考える(2/2)情報って何?(2):スポーツから考える(1/2)情報って何?(1):審査の評価軸から考える

Daisuke Ikeda

Mr Takai visited our lab.

インヴィニオ 高井さん研究室訪問

インヴィニオ取締役 高井さんが、当研究室を訪れて、将来的な共同研究を視野にいれて、意見交換を行いました。こちらからは、卒業した学生の分を含む、比較的最近の研究テーマを紹介し、先方からは、ビジネスの現場での問題点を紹介していただきました。

卒業生の分は私が、在学中の学生は自分で研究テーマのプレゼンを行いました。普段あまり聞くことのないビジネスサイドからのコメントや要望が聞けて、刺激的な経験だったと思います。

夕方からは、学生さんも含めて近くの焼き鳥屋さんに移動して、さらに盛り上りました。

Daisuke Ikeda

笠原地区報告会

笠原地区報告会

昨年度修士を卒業した野瀬将史くんの中山間集落での協調意識とソーシャルキャピタルに関する調査結果を、調査に協力いただいた地元の方に報告してきました。

前回の八女実習報告会(川のじ)は、地域おこし等にかかわっている方が対象でしたが、今回は完全に地元の方が対象です。また、調査した笠原地区は、市の中心部から山のほうに車で20分ほどいったところで、自分の出身と同じような感じの自然が多いところです。

対象が地元の方、特に高齢の方が多いなので、字の大きさや分かりやすさに注意をして発表してきました。 発表の様子