スパースコーディングに基く不特定者のための顔特異表情の検知

English version

科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 知能情報学 課題番号15K12100

日本学術振興会 (JSPS)

2015/4/1 - 2018/3/31 (1年延長)

研究組織

鈴木英之進

研究代表者,教授

九州大学 大学院システム情報科学研究院 情報学部門

研究概要:
スパースコーディングに基く不特定者のための顔特異表情の検知

主要成果:
1. Einoshin Suzuki: "On the Feasibility of Discovering Meta-Patterns from a Data Ensemble", Discovery Science (DS 2015), LNAI 9356, Springer-Verlag, pp. 266-274, Banff, Canada, October 2015. DOI 10.1007/978-3-319-24282-8_22
2. Kaikai Zhao, Einoshin Suzuki: "Clustering Classifiers Learnt from Local Datasets Based on Cosine Similarity", Foundations of Intelligent Systems, LNCS 9384 (ISMIS 2015), Springer-Verlag, pp. 150-159, Lyon, France, October 2015. DOI 10.1007/978-3-319-25252-0_16
3. Yutaka Deguchi, Einoshin Suzuki: "Hidden Fatigue Detection for a Desk Worker Using Clustering of Successive Tasks", Ambient Intelligence (AmI 2015), LNCS 9425, Springer-Verlag, pp. 263-283, Athens, November 2015. DOI 10.1007/978-3-319-26005-1_18
4. 藤田裕文,松川徹,鈴木英之進:会話ゲームにおける微表情ベンチマークデータの構築,火の国情報シンポジウム2016,4C-5,宮崎,2016年3月.
5. 大浦聡一郎,藤田隆吾,松川徹,西郷浩人,鈴木英之進:LASSOに基づく運転者表情データからの特徴選択,平成28年度(第69回)電気・情報関係学会九州支部連合大会,08-1A-08,宮崎,2016年9月.
6. 藤田裕文,松川徹,鈴木英之進:マルチタスク学習用1クラスSVMを用いた新規人物に対する特異顔表情検知,火の国情報シンポジウム2017,B6-3,鹿児島,2017年3月.
7. Hirofumi Fujita, Tetsu Matsukawa, and Einoshin Suzuki: "One-Class Selective Transfer Machine for Personalized Anomalous Facial Expression Detection", Proc. Thirteenth International Conference on Computer Vision Theory and Applications (VISAPP 2018), pp. ?-?, Funchal, Madeira, Portugal, January 2018 (accepted for publication).