論文一覧


論文誌

  1. 和歌データベースにおける特徴パターンの発見 <要旨>

  2. 竹田正幸,福田智子,南里一郎,山崎真由美
     「情報処理学会論文誌」Vol.40, pp. 783-795, 平成11年3月
  3. 藤原元真の作歌法 ―物名歌人の横顔― <要旨>

  4. 福田智子
    「香椎潟」(福岡女子大学)第44号, pp. 41-50, 平成11年3月 
  5. 古典和歌における類似表現の自動抽出の試み <要旨>

  6. 南里一郎,福田智子,竹田正幸
     『純真紀要』41号, pp. 79-87, 平成12年12月
  7. 恵慶の歌と『古今集』 ―平安中期一歌人の歌作り― <要旨>

  8. 福田智子,南里一郎
    『純真紀要』41号, pp. 130-140(右一〜十一), 平成12年12月
  9. Discovering Characteristic patterrns from collections of classical Japanese poems

  10. Mayumi Yamasaki, Masayuki Takeda, Tomoko Fukuda and Ichiro Nanri
    New Janeration Computing 18-1, pp. 61-73, 2000.
  11. 和歌データからの類似歌発見 <要旨>

  12. 竹田正幸,福田智子,南里一郎
    『統計数理』第48巻第2号, pp. 289-310, 平成12年12月  
  13. Discovering instances of poetic allusion from anthologies of classical Japanese poems

  14. Masayuki Takeda, Tomoko Fukuda, Ichiro Nanri, Mayumi Yamasaki, and Koichi Tamari
    To appear in Theoretical Computer Science.
  15. Discovering characteristic expressions from literary works

  16. Masayuki Takeda, Tetsuya Matsumoto, Tomoko Fukuda, and Ichiro Nanri
    To appear in Theoretical Computer Science.


国際会議

  1. Discovering Characteristic Patterns from Collection of Classical Japanese Poems <Abstract>

  2. Mayumi Yamasaki,Masayuki Takeda,Tomoko Fukuda and Ichiro Nanri
    Proc. First International Conference on Discovery Science (DS'98),pp. 129-140, 1998.
  3. Discovering Poetic Allusion in Anthologies of Classical Japanese Poems <Abstract>

  4. Kouichi Tamari,Mayumi Yamasaki,Takuya Kida,Masayuki Takeda,Tomoko Fukuda and Ichiro Nanri
    Proc. Second International Conference on Discovery Science (DS'99),pp. 128-138, 1999.
  5. Discovering Characteristic Expressions from Literary Works: A New Text Analysis Method beyond N-Gram Statistics and KWIC <Abstract>

  6. Masayuki Takeda, Tetsuya Matsumoto, Tomoko Fukuda and Ichiro Nanri
    Proc. Third International Conference on Discovery Science (DS2000),pp. 112-126, 2000.
  7. Discovering repetitive expressions and affinities from anthologies of classical Japanese poems

  8. Koichiro Yamamoto, Masayuki Takeda, Ayumi Shinohara, Tomoko Fukuda, and Ichiro Nanri
    Proc. 4th International Conference on Discovery Science (DS2001), pages 416-428, 2001.

研究会予稿

  1. MDL原理を用いた和歌データからのパターン抽出 <要旨>

  2. 山崎真由美,竹田正幸,福田智子,南里一郎
     「情報処理学会研究報告」Vol.98, No.11, pp. 29-34, 平成10年1月
  3. 和歌データベースからの類似歌の自動抽出 <要旨>

  4. 山崎真由美,竹田正幸,福田智子,南里一郎
    「情報処理学会研究報告」Vol.98, No.97, pp. 57-64, 平成10年10月
  5. 和歌データからの類似歌発見のための類似性指標について <要旨>

  6. 玉利公一,竹田正幸,福田智子,南里一郎
    「情報処理学会研究報告」Vol.2000 No.8, pp. 81-88, 平成12年1月
  7. 歌集間における表現特徴の自動抽出 ―部分文字列の生起頻度にみる― <要旨>

  8. 竹田正幸,福田智子,南里一郎
     「情報処理学会研究報告」Vol.2000 No.67, pp. 39-46, 平成12年7月
  9. 類似歌抽出に基づく歌集の成立年代推定 <要旨>

  10. 福田智子,竹田正幸,南里一郎
    「情報処理学会研究報告」Vol.2000 No.100, pp. 49-56, 平成12年10月
  11. 古典和歌における反復表現の諸相 <要旨>

  12. 福田智子,南里一郎,竹田正幸
    「情報処理学会研究報告」Vol.2002 No.8, pp. 47-54, 平成14年1月

その他

  1. 古典和歌における表現分析

  2. 竹田正幸,福田智子,南里一郎
    『ESTRELA[(財)統計情報研究開発センター]』74, pp. 7-13,平成12年5月
  3. 古典和歌における類似歌発見断章

  4. 福田智子,南里一郎,竹田正幸
    文部省科学研究費補助金特定領域研究「古典学の再構築」ニューズレター第7号, pp. 50-53, 平成12年7月
  5. 名歌の横顔 ―古典和歌再読 <要旨>

  6. 福田智子,南里一郎,竹田正幸
    文部省科学研究費補助金特定領域研究「古典学の再構築」ニューズレター第8号, pp. 84-87, 平成12年11月
  7. 古典和歌における表現分析の新手法 ―類似歌発見のために―

  8. 南里一郎,福田智子,竹田正幸
    「古典学の現在T」(文部省科学研究費補助金特定領域研究「古典学の再構築」), pp. 53-81, 平成12年3月



Last update: May 27, 2002