10. 類似歌抽出に基づく歌集の成立年代推定

   福田智子,竹田正幸,南里一郎
  「情報処理学会研究報告」Vol.2000 No.100, pp. 49-56, 平成12年10月

【要旨】
 本稿では,任意の歌集間から類似歌を抽出した結果が,ある歌集の成立年代推定につながった事例を報告する.これまで鎌倉時代中期の成立ではないかと考えられていた『為忠集』と,平安最末期以降の私家集(個人歌集)との間で,網羅的に類似歌の抽出を行なったところ,室町時代に成立した,正徹の『草根集』に,まとまった数の類似歌を見出すことができた.さらに,正徹の弟子である桜井基佐の『基佐集』に『為忠集』に載る歌と同一の歌を発見した.そこで,『為忠集』に現れる人物の考証を併せて行なったところ,『為忠集』の成立を15世紀と推定するに至った.